日帰り低山から日本百名山まで!登山女子の山登りブログ

山にハマったマイペース登山女子の山行記録です。山登りにまつわるエトセトラを日々勉強しながら情報発信しています!

Read Article

登山時の水分補給におすすめ!ハイドレーションのメリット・デメリットと正しい使い方

ハイドレーション プラティパス

登山時の水分補給が手軽にできるアイテムと言えば、ハイドレーション
ハイドレーションシステム”とか“ハイドレーションパック”と呼ばれているものです。

山登りを快適にするハイドレーションですが、メリットのほかにデメリットも・・・
今回は、「これからハイドレーションを使ってみたい!」という方に向けて、ハイドレーションのデメリットをカバーするための正しい使い方をご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

ハイドレーションとは?

ハイドレーションとは、何層にもラミネート加工されたフィルム状のソフトボトルに吸引チューブが取り付けられた吸水システムのこと。


⇒platypus(プラティパス) ビッグジップLP/1.5L

歩きながら手軽に水分補給を行うことができるとして、登山シーンのほか、トレランや自転車などのアクティビティで重宝されている便利なアイテムです。
バックパックの中にハイドレーションを入れておき、飲み口を口元の近くに出しておけば、水を飲みたいときに自由に飲むことができるんです。

 

ハイドレーションのメリットとデメリット

登山中はこまめに水分補給を行いたいものですが、バックパックから水筒やペットボトルを取り出して飲むのが面倒だったり、グループ登山などでは周りに気を遣ってなかなか水分補給ができないなんていうこともあったりしますよね。
そんなときにハイドレーションがあれば、立ち止まる必要なく水分補給ができるというのが最大のメリットです。

ですが、そんな便利なハイドレーションにも以下のようなデメリットがあります。

  • チューブや吸い口が洗いづらく、乾きづらい。
  • しっかり洗って乾燥させないと、カビの原因になる。
  • 水にゴムの臭いが移って気になる場合がある。
  • 水の残量が分かりにくく、給水ペースが把握しにくい。
  • 万が一、バックパックの中で敗れた場合、被害が甚大になる。

水分補給が便利な反面、このようなデメリットもあるハイドレーションですが、正しい使い方をすれば、カビや臭いを防いで長持ちさせることができるんです。

 

では、ハイドレーションの正しい使い方をまとめてみますね!

 

長持ちさせるための正しい使い方

以下、ハイドレーションを長持ちさせるために守るべき、正しい使い方についてみていきますね。

水以外のものは入れない

ハイドレーションは、チューブの飲み口に直接口をつけて飲むため、どうしてもそこから中に唾液が入ってしまいます。
スポーツドリンクなど栄養が豊富な飲み物を入れると、雑菌が繁殖しやすくなるので避けたほうが無難です。
また、お茶など色のある飲み物も、チューブに色が付いたりして劣化を早めることになるので、水以外のものは入れないようにしましょう。

 

規定量以上の水を入れない

ハイドレーション プラティパス出典:https://www.e-mot.co.jp/platypus/

満水状態のときは、ボトル全体が表面張力で膨らんでいるので、石などの硬い突起物や鋭利なものなどが当たると、穴があいたり亀裂が生じる場合があります。
それを防ぐためにも、規定量以上の水を入れないようにしましょう。

 

収納場所に注意する

ハイドレーション プラティパス バックパック出典:https://www.e-mot.co.jp/platypus/

ハイドレーションはフィルム状のソフトボトルなので、破れたり水が漏れるなどの心配も。
バックパックの中に収納するときは、他のギアに当たって破損しないように、収納場所に注意する必要があります。
ハイドレーション用のポケットがついているバックパックを利用すると安心ですね。

 

たたまず丸めて保管する

プラティパス ソフトボトル出典:https://www.e-mot.co.jp/platypus/

使用後、ハイドレーションをしまうときは、本体をたたまず丸めて保管するようにします。
折るようにたたんでしまうと、折り目によるシワから亀裂が発生し、水漏れの原因になるので注意しましょう。

※画像はプラティパスのソフトボトル。

⇒platypus(プラティパス) ソフトボトル 1.0L

 

スポンサーリンク

 

ハイドレーションの使用方法

ハイドレーションの使用方法について、簡単にまとめてみたので参考にどうぞ。

①ハイドレーション本体に水を入れる

ハイドレーション プラティパス 使用方法満タンにすると気圧の変化により破裂する恐れがあるので、わたしは念のため規定量よりも若干少ない8分目あたりを目安に水を入れています。

 

②ジッパーをしっかり閉じる

ハイドレーション プラティパス 使用方法このとき、ジッパー部に砂やゴミが付着していないことを確認。
ジッパーが完全に閉まらないと、水漏れを起こす原因になってしまいます。

 

③スライダーを最後までしっかりと閉める

ハイドレーション プラティパス 使用方法ハイドレーション プラティパス 使用方法スライダーは最後までしっかり閉め切り、閉じたジッパー部から水漏れがないことを確認します。

 

④チューブの差し込み部をしっかり差し込む

ハイドレーション プラティパス 使用方法ハイドレーション プラティパス 使用方法ハイドレーション プラティパス 使用方法カチッと音がするまで、チューブの差し込み部をしっかり本体に接続します。

 

ハイドレーションでの水の飲み方

ハイドレーションの飲み口はこうなっています。

ハイドレーション プラティパス口にくわえて、飲み口の上下を軽く甘噛みし、ストローを吸う要領で吸うと、水を飲むことができます。

ハイドレーション プラティパス縦に入ったスリットから水が出てきます。

「このままでは飲み口から水が漏れてしまうのでは?」という心配があるかと思いますが、飲み口には水漏れを防ぐシャットオフバルブが付いているので安心。

水が出てくる状態

ハイドレーション プラティパス

水が出てこない状態

ハイドレーション プラティパス

 

ハイドレーションのチューブには、このように固定できるクリップが付いています。ハイドレーション プラティパス

ハイドレーション プラティパス出典:https://www.e-mot.co.jp/platypus/

 

ハイドレーションのデメリットを把握した上で正しい使い方をすれば、山登りは劇的に快適になるはず。
便利なハイドレーションを登山のお供に取り入れて、ストレスのない山行にできたらいいですね!

 

スポンサーリンク

 

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top