日帰り低山から日本百名山まで!登山女子の山登りブログ

山にハマったマイペース登山女子の山行記録です。山登りにまつわるエトセトラを日々勉強しながら情報発信しています!

Read Article

登山ウェアの定番、山シャツにチェック柄が多いのはなぜ?真相に迫ってみた

登山ウェアの定番、山シャツにチェック柄が多いのはなぜ?真相に迫ってみた

登山スタイルの王道とも言える山シャツ
中でもチェック柄の山シャツは、登山ウェアの定番とも言える存在ではないでしょうか。

アウトドアショップへ足を運ぶと、チェック柄のシャツの多さにびっくりすることも。
個人的には、無地のシャツのほうが合わせやすくて好きなのですが、チェック柄の山シャツも「The 山!」という感じで素敵ですよね!

ところで、山シャツにチェック柄が多いのには、何か理由があるのでしょうか?
今回は、その真相に迫ってみようと思います。

 

スポンサーリンク

 

近代登山の発祥がヨーロッパだったから?

現在、わたしたちが趣味や娯楽として楽しんでいる山登りは、明治時代にヨーロッパから伝えられたものだと言われています。
もちろん、山岳信仰としての山登り(修験道など)や仕事としての山登り(マタギなど)は、それ以前の日本でも古くから行われていました。
ですが、現在のような、信仰や仕事とは関係なしに山の自然を楽しむ意図での山登り(近代登山)は、ヨーロッパからもたらされたものだったようです。

 

そして、そのとき同時に広まったとされているのが、チェック柄の山シャツ
チェック柄と言えば、代表的なデザインとしてタータンチェックがありますが、このタータンチェックはスコットランドの伝統的な柄です。

スコットランドは、イギリスの中でもかなり山深い地方として知られていますよね。

ヨーロッパの人たちが山登りをするときに、チェック柄の山シャツを着ていたことは簡単に想像できますし、その文化を日本人が取り入れたことは想像に難くありません。
チェック柄の山シャツは、ヨーロッパから日本へと伝わったクラシカルな登山スタイルだということですね!

 

↓下の写真は、昭和30年の登山スタイル。出典:ヤマレコ

山シャツはチェック柄ではないものの、山シャツが山登りの定番になっていたことは間違いなさそうですね。

 

スポンサーリンク

 

山シャツにチェック柄が多い理由は?

チェック柄の山シャツがクラシカルな登山スタイルだということは分かりましたが、今もなお山シャツにチェック柄が多いのはどうしてなのでしょう?
考えられることを2点挙げてみますね!

①登山中の汚れが目立ちにくいから

無地の場合は汚れが目立って気になりますが、チェック柄の場合は汚れが柄と同化して目立ちにくいですよね。
同じ服を着続けなければならない縦走登山などでは、登山中の汚れが目立ちにくいチェック柄の山シャツが重宝しそうです。

②視認性が高いから

これは、柄の大きさや色の組み合わせにも左右されることですが、無地よりもチェック柄のほうが目に付きやすいということが考えられます。
幾何学模様という自然界にはない柄ということで、遭難時に発見されやすかったり、狩猟中の誤射を防ぐことができるとも言われているようです。

本当に視認性が高いのかどうかは・・・ハッキリ言って分かりません。

 

以上、登山ウェアの定番、チェック柄の山シャツについての考察でした。
果たして真相に迫りきれたのか、いまいち自信がありませんが・・・
豆知識程度にどうぞ!

 

スポンサーリンク

 

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top